佐倉ジェンダー研究所

 

10分でわかる性の多様性講座

→5分で「性別」がわからなくなる可能性もあるので、「性別」についてよくわかっているつもりの人は覚悟しましょう!?(^o^;)

 

 

1:セクシュアルマイノリティの基礎知識

 

◎“性別は2つ”じゃない

「あなたの性別は?」

女              男

身体を基準に付与される性別

本人の意思に基づく性別 (心の性別?)

恋愛対象にかかわる性別 (いわゆる性的指向)

←−−−−−−−*−−−−−−−→

←−−−−−−−*−−−−−−−→

←−−−−−−−*−−−−−−−→

 

§一般に「セクシュアルマイノリティ」とは次の3つを下記のように説明する場合が多いです§

インターセックス〔IS〕」 身体の性別が【女】でも【男】でもない。最近は「性分化疾患」という呼称に…

“性同一性障害”」 身体の性別と本人が思う性別が一致しないために、さまざまな悩み・葛藤などの問題を抱える

    *身体の性別・戸籍の性別と異なる性別での生活を実行すること・実行している人→トランスジェンダー
       
《フルタイム←→パートタイム》トランス生活の実行が生活の大半か限定的か
       
《FtM←→MtF》 Female to Male (女性から男性へ) Male to Female (男性から女性へ)
       
《パス←→リード》充分に希望の性別に見えるのがパス。元の性別を見破られてしまうのがリード
   
※「MtFトランスジェンダー」のうち特にいわゆる“夜のお店"で接客業等に従事する人を「
ニューハーフ」と呼ぶこともある
  ※すべてのトランスジェンダーが、いわゆる性転換手術(=性別適合手術)を必要不可欠と考えているわけではない

同 性 愛 」 性的指向が【同性】に向く。レズビアン/ゲイ,両者を合わせて「ホモセクシュアル」

※異性愛は「ヘテロセクシュアル」 
 
*性的指向が異性愛と同性愛にまたがる場合 →「バイセクシュアル」

 

<「ホモ」「レズ」および「オカマ」は、当事者が不快に感じる“差別語”と言えます!>

 

 

性別二分社会&異性愛主義が「セクシュアルマイノリティ」をつくりだしている!

 

テキスト ボックス: 国男テキスト ボックス: 国女テキスト ボックス: 男…テキスト ボックス: 女…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎戸籍性別変更「特例法」の問題
 あくまでも「正常」な状態を措定した上で、そうでないケースを救済…という発想

 →戸籍制度自体の見直しが必要 & 変更しなくても大丈夫!な世の中

つまり「多数派基準による普通を構成しない社会

 

「性別」よりも“ありのままのその人”!

 

 

Ver.2011/09/23

――――――――――――――――――

 

2:「性別」とセクシュアリティの多様性

 

トップページに戻る